【複業スクール】バブルとは

From:南 昭和


金融緩和によって市場にお金が大量に増えると景気がよくなる。

企業は設備投資をして、個人も消費をする。

金利が低いのでローンを組んでも支払い額の総額があまり変わらないので平気。

これは社会が幸福になるので喜ばしいことである。

問題は ”欲しい訳でなくて買う人” が増えること。

いわゆる ”値上がり利益” を期待して買う人が増えること。

昔ヨーロッパでチューリップバブルがあった。

チューリップの球根が年収の10倍で取引されて、それが急激に下降した。

チューリップの球根が欲しいのでなくて ”値上がり利益” を期待して買い漁っていた。

現在、ロレックスが異常に値上がりをしていた。

スポーツ系のデイトナ、サブマリーナなどは1年で1.5倍以上という値上がり、

自分が使うのでなく転売目的の売買が多くなっている。

狂乱の最中は「インフレになるから」 「新興国で新しく金持ちが増えるから」と もっともらしい理由で買いが買いを生む。 自分が欲しくて買った人はいいが、 ”値上がり利益”を期待して買った人は そろそろ利確した方がいい頃と思われる。


 

◆社長ブログ一覧はコチラ    

https://www.kintaro-marketing.com/blog/categories/syatyoublog


◆Instagram -南 昭和【自立した生き方】成長/経験/insta-

https://www.instagram.com/kintarouminami/



 





#複業 #起業 #名古屋 

閲覧数:31回

最新記事

すべて表示