【複業スクール】ルールと文化

From:南 昭和


企業に就職すると就業規則というものに目を通させられる。

その企業のルールブックである。

有給、親族が亡くなった時の忌引の日数などが記されている。

仕事内容に関しては部署移動があったり、

担当が変わったりはあるが企業のルールは簡単に変わらない。

雇用は契約であり労使でお互いに守らなければならない。

しかし企業文化は違う。

ルールではなく強制されることもないが、

”あいさつする”  ”同僚に協力する”  ”主体的である”など

組織としての競争力が強い企業がある。

このような組織文化をつくること非常に難しい。

しかし、企業文化ができれば新入社員も自然と染まっていく。

金太郎も創業時に比べると劇的に変わった。

組織をつくる時があれば、最初から意識するとスムーズ成長できるだろう。


 

◆社長ブログ一覧はコチラ    

https://www.kintaro-marketing.com/blog/categories/syatyoublog


◆Instagram -南 昭和【自立した生き方】成長/経験/insta-

https://www.instagram.com/kintarouminami/



 





#複業 #起業 #名古屋 

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示