【複業スクール】知り合いから利益

From:南 昭和


自分で商売をはじめると最初のお客さんは誰になるか?

一番多いのは家族、友達だろう。

知名度がないのに、知らない人が行列をつくるくらい繁盛することは珍しい。

しかし、友達からは利益をとりにくいのが日本人の国民性だろう。

では友達の気持ちになってみよう。

仲良しが夢を叶えて出店して嬉しそうにしているなら

「お祝いしたい」「協力したい」と思うだろう。

当たり前に出店祝の花を贈ったり、お客として来店して売上に貢献しようとする。

見知らぬ人のお店の売上よりも仲良しの店の売上になり

笑顔を見れるのはうれしい。

僕は出来る限り知り合いの店や会社に支払う。

相手は商売をやっているのでちゃんと利益はとってもらうが、

サービスをしてくれることが多い。

知り合いからでも利益をとることは悪いことではない。

問題は友達ということで手抜きのサービスをすることである。

”全力で喜んでもらって、妥協なく請求する”

プロ意識を持てば理解できるだろう。


 

◆社長ブログ一覧はコチラ    

https://www.kintaro-marketing.com/blog/categories/syatyoublog


◆Instagram -南 昭和【自立した生き方】成長/経験/insta-

https://www.instagram.com/kintarouminami/



 





#複業 #起業 #名古屋 

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示