【複業スクール】自分のサービスを遠隔化、非接触化に再定義してみる

From:南 憲司

前回、占いのサービスの再定義の話は他の業種のサービスに当てはまるのではないかと考えることができます。



例えば、弊社の社労士さんは1月時点で全く事務所に行っていないとおっしゃっていました。


この先生は、コロナ騒動が起こって様々な助成金情報をZOOMセミナーやメルマガ、ホームページ、月間のダイレクトメールマガジンで無料発信していました。


特に雇用調整助成金が出て要件がコロコロ変わったり、新情報が出たりして混乱していました。


この時、最新情報でどのような資料を揃えたら良いか、どう申請したら良いかを書類のダウンロードサービスなどをZOOMセミナーとホームページ使って無料発信していました。


さらに、顧問先の会社に周りの社長さんにも情報提供しますからセミナーを案内してください!と毎日何回もZOOMセミナーをしていました。


現在も相談は遠隔でZOOMとチャットワークを使って話しながらその場で顧客の会社の資料を見たり、申請の雛形を送ったり、社内にいるスタッフを同席させたりと実際に会うよりいいサービスになっています。


今後電子申請や自動化、タイムカードなどのデジタル化などでますます効率よく仕事ができそうです

◆会長ブログ一覧はコチラ    

https://www.kintaro-marketing.com/blog/categories/kaityoublog


#複業 #起業 #名古屋 

14回の閲覧

最新記事

すべて表示