【複業スクール】コロナ時代にあたって④

From:南 憲司

5月15日 緊急事態宣言が愛知県は解除されました


日本電産の永守重信社長のインタビューで、今までの考えを180度改めたと言っていました


きっかけはテレワークでした


永守社長は、日本人は自分で目標作って自己管理する事が苦手だと考えていました。



ですから、会社がテレワークを導入したら、必ず生産性が落ちるだろうと考えて、導入には絶対反対でした。


今年のコロナウイルスの影響で、やむなくテレワークにして見たところ、平時より売り上げを上げまくる社員がでてきました。


よく聞いてみると、会社に通う時間がなくなって仕事の効率が非常に高くなり、それがどんどん加速して行ってました。



それを分析して結論を出しました。


これからは時代が変わる。。。


それだけでなく今までの考え方を根本的に改めました。


何かというと、今までみんなで一緒に頑張ろう、


とする事でみんなで頑張って成果を上げるやり方が一番だと考えて、


給料にあまり差をつけていませんでした。


その人事評価を4月からガラリと変えました。


生産性が高い、かんばった人には、非常に多くの給料が入るようにしました、と言う事でした。


また、これから不景気になりどの業界も上位3位に入っていないと


会社は潰れてしまう、淘汰の時代、生き残り競争の時代に入ると


予測していました。


特に今から3年くらいは厳しいと言う事でした。



ですから人が頑張るしかないので評価も変えました。


テレワークなどでは一人一人生産性も測定しやすいです。


裏を返すと生産性がない人は炙り出されてしいます。


人不足で皆が働ける時代は終わって、


残るために自分は何ができるか、


何をしなければいけないかを


自営業者も大企業もサラリーマンも


考えて動かなくてはいけないことに早く気づいて動くことが必要です。


反対にピンチはチャンスを生みます。


まずは、覚悟する事です。




#複業 #起業 #名古屋 

0回の閲覧