【複業スクール】朝型生活の習慣①

From:南 憲司

2013年くらいから早起きを意識するようになった。


きっかけは倫理法人会という法人の勉強会


この会は日本中に単会を持って各単会が週一回、朝6時もしくは6時半から

朝礼や講話を行っている。


ある時、この講話のゲストにcoco一番屋の創業者の宗次徳二さんがくるので

聞きに行こう、ということになった。


事業を大成功している人の話を生で聞くことはあまりなかったので、

新鮮だった。


当時、まだ現役だった宗次さんの話は、ご自身の早起きの実践と掃除の話を

されていた。


当日も掃除をしてから駆けつけたようで作業着で講演されていた。


前年度のタイムカードを持ってきて、毎日毎日朝4時前に出勤して、働いている

ということだったような気がする。


経営者は、どんなに長く働いても労働法違反にならないんだよ、と。


楽して儲けたいと思っていた自分には、あまり受け入れられなかったような

覚えがある。


当時、自分の会社には始業に遅れて出たりする、いわゆる重役出勤の状態だった。


それが良いか、良くないのかはわからないが、社内の雰囲気は良くなく、

業績も下がり気味だったと思う。


特に、社員さん同士が仲が良くなかったり、パワハラみたいなことや、不正などが

日常的にあり社内統治がうまくいっていなかったと思う。


そういう中で、自分なりに色々模索していたのかもしれない。


社内を変える前に自分を変えなければいけないと感じていたかもしれない。


しかし、

変えるって?何を?

考え方が変わったことをどう検証する?


もし、そうお悩みの方がいたら自分個人は次の3つをお勧めしたい


1.毎日早起きする(5時より早く) 2.毎日掃除する(決まった範囲を徹底的に) 3.毎日体を鍛えてダイエットする(短い時間で)


特に早起きは人生変えたい人にはオススメしたい。



#複業 #起業 #名古屋 

1回の閲覧