【複業スクール】コミュニティ【Part3】

From:南 憲司

ある社長から教えてもらいました。


”自己紹介は自己を紹介するものではなく

自分が関わることによって得られる聞き手の

未来をお伝えするようにしてます。


時間は18秒で、自分が提供できる未来実績の過去、

すぐに行動していただきたい現在、を

各6秒ずつで語ります”


人と人とが繋がる裏には、何か共通点があります。


大きな要素としてコミュニティには「文化」があり

自分にその「文化」が合うと長続きします。


またコミュニティの「文化」の質で良いお付き合いになるのか

あまり意味のない繋がりになるのかも変わっていきます。


上記の自己紹介は、


まず自分が何ができるか、先に何が与えられるかを話すことで

先に相手に与えていく姿勢を実行しているスタンスを表して、

自分が行動していただきたいことを提案することで

相手に自分の立ち位置や目標を簡潔に知っていただくことが

できるなと、感心しました。


ビジネスや、勉強会など自分が「選んで」コミュニティに

参加したり主催したりする場合、自分は何者なのかを

自分で宣言することで、相手に覚えてもらいやすい

思い出してもらいやすいということもあります。


また自分が何者なのか、相手に何ができるのか、

何をしてもらったら嬉しいのか、を自分自身で

しっかりと認識することができます。


コミュニティの中でお互い相手を

思い合ってウインウインを達成する関係を作っていく

という「文化」が浸透していると、

このような自己紹介はとても機能しやすいと思います。


また気持ちいい人たちが多く集まるようになると思います。


結果を変えたければ自分のいる場所を意識してみることです。



#複業 #起業 #名古屋 

12回の閲覧