【複業スクール】消費税免について①

From:南 憲司

10月から消費税が10%になる。


国税庁から一斉に消費税の軽減税率に関する説明資料が、

送られてきている。


ここでは、小さい事業者や副業などで現在、消費税を払っていない

免税事業者への影響を考えてみたい


そもそも 消費税の支払いの仕組みとは


最終消費者が支払っている物やサービスの

代価に乗っけた(現在)8%を事業者が預かっていて、それを税務署に収める

という仕組みになっている。


ですから消費税が上がるということは、消費者=お客さんが

税金を多く支払うということになり、見た目は事業者は負担が増えるわけではないと

いう理屈になる。


まとめると事業者にっとて消費税はお客さんから預かって、税務署に収めるもの。


問題は、免税事業者。


私の周りの多くの個人事業者や小さい会社、副業で業をなしている人は免税事業者である

ことが多い。


基本、売上(前々年の消費税がかかる売上)が1000万円を超えてなければ免税事業者。


免税事業者はお客さんから預かった消費税を納税しなくて良い。


そうすると実質利益がアップすることになる。


だから、商業してから計画的に売上が1000万円を超えないように、

そして超えたら、法人成りしてさらに2年間免税事業者でスタートの

基盤固めに使うようにしていた。


現在ももちろんできるし適応規模ならオススメしたい。


ただ、2023年からこれが変わりそうである。



#複業 #起業 #名古屋 

1回の閲覧