【複業スクール】正解のない時代の答え

From:南 昭和

学生の時のテストは苦手だった。

勉強が好きではなかった。

28年前に平凡な大学を卒業した。

当時は

「一流大学を出て、一流企業に勤めて、定年まで勤める」

人生を豊かにするための正解だった。

昭和に生まれ、平成を経て令和になり

ずいぶんと正解が変わった。

まわりで豊な生活をしている人は

独立して商売をしたり、

会社勤めでも転職して出世した人である。

もちろん”能力”と”自助努力”の結果である。

問題は”能力”と”自助努力”を解放する環境にいるか?

新卒で入社した会社に定年までしがみつくような環境は

才能を開花させない!

時代変化を肌身で感じない(温室の中にいるので)

正解のない時代だから

”恐怖で温室に群がる人”が多くなるだろう。

人生100年時代になり、

日本の住宅ローンの完済年齢の平均が

20年前の68歳から現在は73歳にまで急上昇している

運良く60歳定年までクビにならなかったとしても、

その後の人生が豊かに暮らせるのだろうか?

正解はない、その時の最適解を出せる人になれるように

自分の居場所を考えてみてはどうか。



◆社長ブログ一覧はコチラ    

https://www.kintaro-marketing.com/blog/categories/syatyoublog


◆Instagram -南 昭和【自立した生き方】成長/経験/insta-

https://www.instagram.com/kintarouminami/








#複業 #起業 #名古屋 

28回の閲覧

最新記事

すべて表示