【複業スクール】流行りはいつか終わる

From:南 昭和

我が社の一番大きな事業はリサイクル業

リサイクル業を長く営むと

”流行ってるもの”より”本当に価値があるもの”を欲しくなる。

例えば数年前に流行ったブラックダイヤモンド

ダイヤモンドは元素記号C、炭素でできている。

石炭と同じである。

元素の配列の違いで見た目が違う。

ダイヤの価値は4Cと言われ、

カラット(重さ、大きさ)

カラー(色)

クラリティー(不純物の有無)

カット(加工の技術、形)

で総合的に評価される。

黒いダイヤ? 「なんじゃそりゃ」と思っていた。 東京の伊勢丹メンズ館に行ったとき、 店員さんに 「これと同じネックレスをキムタクがつけてますよ。」と勧められた。 金額が30万円くらい ちなみに、その黒ダイヤのネックレスを現在の市場価値で買取するなら、 100円くらいです。(まったく価値がありません!!) 流行りで高値がついていただけ。 人間も同じです 好景気で人手不足の時代は 「とにかく誰かを入社させよう」と どこの企業も人を欲しがった。 コロナ禍で経営者たちは目が覚めた。 本当に会社に貢献できる人材は欲しいが、 生産性の低い人はいらない。 これから景気が回復しても”黒いダイヤ”のような人は 誰も欲しがらないだろう。




◆社長ブログ一覧はコチラ    

https://www.kintaro-marketing.com/blog/categories/syatyoublog


◆Instagram -南 昭和【自立した生き方】成長/経験/insta-

https://www.instagram.com/kintarouminami/








#複業 #起業 #名古屋