【複業スクール】”儲かる”の適正

From:南 昭和

先日、自動車業界の大手の社員の友達と飲みに行った。


その会社は売上が大きいが、利益率も高い超優良企業である。

無駄を省き、原価低減に優れた会社。


話していると、 「それでも無駄が多い」というか、 「無駄な人が多い」と言う。


要は、 「この人がいなくても仕事はまわるの、 なんのために雇われているんだろう?」と 感じる人が多いらしい。


素晴らしい会社でも“大企業病”は、防げないものだと感じた。


ただ、事実として メチャ利益を出している!


なぜ?


考えられる理由は、

①スケールメリットがある ケタ違いに大量に発注するので、 材料の仕入れの低減、物流の効率化が 半端なく効果が上がる! ②元々のビジネスモデルが儲かる 薄利多売でなくても、利益率の高い商売だから 当たり前に儲かる!

個人が複業、起業するときは ②でなければやってはいけない。


相談で、 「好きなことで始めるので 儲からなくても損しなければいいです。」と 言う人がいます。


始める前の事業計画で、 “そこそこ儲かる事業”なら やらない方がいい。


大切な時間をとられて、 ストレスを抱えて、 予想しない出費に頭を抱えることになる。


弊社も新しい事業部を立ち上げて、 撤退を定期的にやっている。


“損はしてない” “そこそこの儲け” の事業を過去にいくつも撤退している。


大切なことは “目的を明確に”


趣味は、お金を払って”楽しく”を得るため


ボランティアは、お金と時間を提供して “心の豊かさ”を得るため


勉強会は、”知識と人脈”を得るため


ビジネスは、”利益”を得るため


利益をたくさん出すのが悪ではなく、 顧客が支払った金額に対しての 満足度が低いのが悪である。




#複業 #起業 #名古屋 

0回の閲覧