【複業スクール】幸せの要素の大きな変化

From:南 昭和




起業、複業をやるときに重要なことの一つとして、 トレンドを知ることです。


モノが売れない時代です。


原因の一つはシェアエコノミーの広がりです。


たとえば、エアークローゼットは服を買わずに 毎月定額を支払えば、スタイリストが選んであなたに似合う服を 送ってきてくれます。

気に入れば買取することもできます。


他には、リサイクルエコノミーの広がり。


弊社もリサイクル事業を手掛けていますが 社会を大きく変えたのはやはり、”メルカリ”ですね。


いらないモノをユーザー同士がアプリ上で売買する。 ユーザー同士なので、消費税がかからない。


「中古でもいい」という人は、割高で新品を買うよりも 中古で安いモノを買います。


最大の原因は”人々の価値観の変化”


内閣府が実施している”世論調査”の結果が衝撃です。 「心の豊かさ」と「物の豊かさ」のどちらを求めますか? という質問があります。


昭和47年で割合が五分五分だったのが、


平成29年では 「心の豊かさ」62.6% 「物の豊かさ」29.2%


多くの日本人が物質的なものに対しては求めていないということ。


現在、レコード、CD,ダウンロード(モノ市場)より コンサート、ライブ(体験市場)のほうが大きくなりました。


”モノよりコト(体験)”に大きくトレンドが移っています。


所有欲求が低くなった時代に、 いいモノを作れば売れる、ということではなくなってしまいました。


人が何に対して幸せを感じるかは、時代で大きく変化します。




#複業 #起業 #名古屋 

5回の閲覧