【複業スクール】生産性を上げる

From:南 昭和




日本で働き方改革が政府主導で進められている。


来年には有給取得が義務化されます。

方向としては、良いことと思いますが、


民間の会社経営者の立場から言うと、

「同時にやらんとアカンことがいっぱいあるやろ」です。


「プレミアムフライデーがスベッたばかりやろ、 なぜ、スベッたかの検証したんか?」


現在の日本は戦後最長クラスの景気拡大が続いています。 その上、少子化のツケが社会に顕在化して若者不足。 すべての業種で人不足です。


この空前の人不足の時代に、 ”月末の金曜日は午後から休み” ”残業はさせてはいけない” ”有給取得は義務で強制だ!”


企業は、闇で残業させたり有給をカネで買取したりするだけです。


同時にやるべきなのは、 ①雇用の流動化と社会人教育の無償化と補助

②生産性が上がる投資には、大規模な助成金 やね。


企業がもっと従業員を解雇しやすくする。 その代わり、失業保険の支給金額も日数も大きくする。 (※逆に生活保護に関しては厳格する、不正受給が多すぎ!)

この期間に、これからの社会に必要な専門スキルを学ぶ人の 教育は国が全額負担する。 (新しいスキルで前職より高額な給料を受け取るようになるので その人からの税収は上がるので回収できる)


企業を高利益体質にして、税収を上げるためにも まずは、RPA(ロボティクス プロセス オートメーション)や IT化には、ちびちびした助成金でなくて大規模にやる。


近江商人は長期で商売を繁栄させるために【三方良し】を唱えました。 「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」


働き方改革も 「企業良し」「労働者良し」「国良し」でないと、 長期の繁栄には繋がりません。



#複業 #起業 #名古屋 

10回の閲覧