【複業スクール】独立には、自分が3つの役割をする必要

From:南 昭和

学生を卒業してから、4年間のサラリーマンを 経験してから個人事業主として独立した。


組織の中で働いてた時は、 “営業マン”として 数字だけを追いかけていれば良かったが、 個人事業主としては、 全てを自分でやらない。


営業、経理、業務の3つ全て これは想像がつくと思います。


重要なのは、 もう一つの側面としては、 社長と中間管理職と営業マン。


仕事内容としては、 “決断”と”計画と効率化”と”実務”


起業して失敗するパターンとして


パターン① 優秀な営業マンなのに独立して、 上手くいかない人、 社長としての”決断”が出来ないか 中間管理職としての”計画と効率化”が 出来ないからです。


FCに加盟して商売をするメリットは、 本部の”看板”を借りることで お客様に対する信用を得ることと、 FC本部が”計画と効率化”を やってくれるからです。


パターン② 大企業の管理職からで起業


“計画と効率化”は出来るが、 数字を上げる”営業”や”実務”が苦手な人。


どうすればいいか?


苦手を克服するのは、時間がかかります。


補ってくれる人と組むのが速いです。


起業、複業をするのに大切なのは、 “いい人脈” “いい先生” “いいコミュニティ”を見つけること。


誰とも繋がりがなく、 一人で考えて、上手くいった人はいない。


金太郎マーケティングのセミナーは、 その後に喫茶店での親睦を深めるのと 質問に対しての無料相談をやってます。


高額なコンサル料を後から請求したりは しません(^^)


#複業 #起業 #名古屋 

9回の閲覧