【複業スクール】ブルーオーシャンだけが成功するわけでない

From:南 昭和

起業、複業をする意思はあるがすでに レッドオーシャンなので、チャレンジしない考えがある。


レッドオーシャンとは、市場が成熟して 競合相手が多数存在して過当競争になる、 血の海のイメージですね。 一方、ブルーオーシャンは、まだ市場ができたばかりで キレイな海を独占できるイメージですね。


もちろん、ブルーオーシャンは値引き合戦はなく 十分な利益をとれます、儲かりますね。


当社のリサイクル事業も12年前の創業当時は、 笑いが止まらないくらい儲かりました!


おかげで、税務署員が団体でお越しになり 泣き顔になりました(笑)


ここ最近で、ブルーオーシャンで儲かったのは 仮想通貨の取引所ですね。


金融庁が許認可制にする前の、どさくさで仮想通貨交換業を始めた会社が 時価580億円相当の仮想通貨を盗まれたのに、 ほぼ全額を客に弁償していた… ”どんだけ儲けてたん!!” 社会をビックリさせて、大手企業が続々と参入しました。


そう、今の時代はブルーオーシャンが一瞬でレッドオーシャンに 変わってしまう


中小企業、個人事業は”進撃の巨人”によって一撃で抹殺される。


当社の事業で順調に売り上げと利益を上げている事業で 印刷事業があります。


印刷事業は、レッドオーシャンです。 しかも、ペーパーレス時代を迎えています。


なぜ、事業化を決断したのか?


理由は

①紙媒体は、完全にゼロにならないだろう ②業界が古くて、他社に対して差別化した価格とサービスを提供できるから ③印刷物は、定期的にリピートが見込めるので満足度が高いと 営業経費をかけずに、売上を安定させることができるから

狙いどおり、順調に拡大しています。


ブルーオーシャンを探すことにこだわり、 起業、複業を「いずれやる、チャンスがあればやる」と 念仏のように唱えても人生は豊かになりません。


#複業 #起業 #名古屋 

24回の閲覧